ED治療薬の保存方法

直射日光は駄目

温度が一定の場所に保存する

ED治療薬の保存場所に困っているという人も多いかと思います。

ED治療薬のみならず薬というのは本来正しい保存さえすれば長持ちをしますが、逆に薬にとって悪影響な状態で保存をしておくとあっという間に劣化して薬の効果が得られないだけではなくて、劣化することによって体内で悪影響を与える可能性も出てきます。

医薬品個人輸入代行サイトを利用してまとめて薬を購入すれば割引が適用されて安く購入することが出来る分、大量に家にあるために保存しておく場所に困ってしまうというケースもあるでしょう。

保存場所に困ってしまうという人のために正しい方法を紹介していきます。

基本的にどの医薬品でも同じことが言えますが、薬は高温多湿の直射日光に弱いと考えてください。

薬は劣化も早いので絶対に置かないようにしましょう。

よくED治療薬の保存場所においてしまいがちなのが車のダッシュボードです。

ちょっとしたものを入れておく場所としても最適ですが、車の中は高温多湿で一気に温度が上がります。

はっきり言って薬の保存場所としては最悪の場所と言ってもいいので絶対に保管しておかないようにしましょう。

保存に適した場所というのは温度が一定で冷暗な場所がいいですね。

大体多くの人が保存場所として決めているのは冷蔵庫ではないでしょうか?

冷蔵庫といえば温度が一定ですし、直射日光は当たらないので多くの人が置いていると思います。

しかし、一気にまとめ買いをした上で購入したとなると冷蔵庫に全ての薬を入れておくのは難しいという人もいるかもしれません。

その場合はまずは光が当たりづらい場所で温度が一定の場所を部屋内で探しましょう。大体はキッチンの棚などに置かれていることが多いです。

基本的に冷蔵庫にまとめて置くことがいいかもしれませんが、他の場所も自分なりに見つけてください。

冷蔵庫に置く時の注意点として外との温度差に気を使うようにしましょう。

夏などの高温多湿の時期では冷蔵庫から取り出してすぐに服用せずにいきなり暑いところに持ち出すとなるとどうしても温度差によって結露してしまい、薬の形が変わってしまったり、飲みづらくなってしまいますのでその点だけは気をつけましょう。

次に保存の仕方で困るのが一度開封してしまった薬に対しての保存方法です。

例えばED治療薬の場合、高容量配合された医薬品を半分に割って服用して使っているという人もいます。

例を出すとシアリス20mg錠を半分に割って10mg錠として服用している人もいます。医薬品個人輸入代行サイトを利用してまとめて購入して半分に割って服用すればさらにお得に利用することが出来るので節約になります。

しかし、保存方法を間違えてしまうと半錠無駄にしてしまうことになるので保存方法はより徹底するようにしてください。

まず半分に割って残ったほうの薬は外気に触れないようにサランラップで包んでください。このときになるべくピタッとして空気が入らないようにしましょう。

薬はとにかく“空気に弱い”と考えましょう。

サランラップに包んだら密閉できる蓋や瓶などに保存をして置いてください。こうすることで極力外気に触れさせないようにすることが出来ます。

ただし、どんなに正しい保存をしたとしても封を開けた瞬間から徐々に劣化はしていきますので1週間以内、出きる事ならば3回内に服用することが望ましいでしょう。

ED治療薬の保存期間は2年と長いのできちんと保存することで長く付き合える医薬品と言えます。