ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用

副作用の症状を理解しておこう

ED治療薬は素晴らしい薬です。

これは間違いありません。ED治療薬の作用を大いに感じれる人は多いと思います。

しかし、その反面副作用もありますので気をつけるようにしましょう。

ED治療薬というのは副作用も個人差があり、症状も様々なものがあると言われています。

その中でもおよそ8割以上の方が出るといわれているのが目の充血や顔の紅潮です。

もはやこの2つに関しては副作用というよりも薬が効いてきた合図だと思ったほうがいいぐらいに思っておいたほうが良いでしょう。

他の症状として起こるのが頭痛やのぼせ感、腹痛、吐き気、消化不良、頭部及び胸部の拍動感、軽度の復視現象 、潰瘍からの出血、網膜への異常などが挙げられます。

なんだか怖そうな副作用だなって思うかもしれませんが、基本的に薬の効果が発言してから大体バイアグラだったら4時間~6時間ほどで副作用もなくなります。

また4時間~6時間ずっと副作用が強く出るというものではなくて薬の効果と共に徐々に落ち着いてきますのでそこまでの気にすることはないですが、薬の効果作用時間を過ぎたにも関わらず副作用がしばらく続くという場合は専門の医者に相談をしてください。

ED治療薬を服用するさいにめまいや光に過敏になってしまったり、視覚異常、彩視症、光視症、などの症状がよく起こるという人は車の運転をする際には気をつけて決して無理はせずに時には車を止めて休めることも大事です。

頭痛などの症状もお酒を飲んで頭が痛くなる程度のレベルですので頭痛が酷くなりすぎたとしてもロキソニンなどを事前に服用しておいても良いと思います。

基本的には時間が立てば自然と副作用も落ち着いてきます。

普段はED治療薬を服用しても問題ないという人でもその日の体調だったり、ちょっとお酒が入っているとか風邪気味だという場合でも反応が違ったりもします。

基本的に副作用が少ないといわれているのがステンドラやシアリスでレビトラは中程度でバイアグラが出る人には出ると言われています。

副作用の程度によっても使い分けてもいいかもしれません。

副作用は出るものと思って服用したほうが気持ち的にも余裕が出ると思います。