ED治療薬とロキソニン

不妊治療の専門医が渡すこともある

1例も報告されていない

結婚をして1・2年ぐらいはもう少しゆっくり2人で過ごしていたいとか、結婚をしてもすぐに子供とするのではなくて貯金をしてお金を貯めてからにしようとか色々な事情が夫婦間にはあると思います。

そしていざ子供が欲しいと思って子作りをしようと思ったときに妊活を始めようと思ったときに子供が出来ないなどの不安を抱えることもあります。

予定通りに子供が出来ればいいですが今は子宝に恵まれずに悩んでしまっている夫婦も多いです。

男性はまだしも女性の場合はやはり親や友人などから子供はまだなの?って催促されたり、人によっては心無い一言を言われたりすることもあります。

周りの雑音とも呼べる声が過敏に聞こえてしまったりしますよね。

妊活をする上で最も最初に行うのがタイミング法と呼ばれる方法ですよね。

妊娠をすることが出来るのは月に1度ある排卵日に受精するかどうかで、その日を逃してしまうとまた翌月になってしまったりするのです。

妊娠しやすい日の2・3日前に性行為をする事がタイミング法と呼ばれるものなのですが、実はこのタイミング法のときに男性が勃起不全になってしまったりしてしまうのです。

女性からしてみればきちんと性行為をするぐらいはしてよ!って男性に対してイライラするかもしれません。

勃起不全が原因で夫婦仲が悪くなってしまうことだって大いにあります。

しかし、これまでだったら性的欲求だったり、興奮が起きて自然の勢いに任せて性行為を行っていたものが、どんなに仕事で疲れていようともどんなに気持ちが乗らなくても性行為をしなければいけないのです。

また男性も少なからずプレッシャーを感じるもので、この機会を逃してしまったらまた来月に持ち越してしまうという気持ちが勝ってしまってしっかりと性行為をしなきゃ!って気持ちが性欲よりも強くなってしまって勃起不全になってしまいます。

責任感の強い男性ほど勃起不全になってしまう傾向にあり、妊活中に勃起不全になる男性は決して珍しくないのです。

勃起不全になってしまったことで昔だったら子供を諦めてしまった夫婦も今ならばED治療薬があります。

このED治療薬が誕生したことによって多くの人が子作りをする事が出来るようになったので子供が出来たという人もいます。

しかし、夫婦からしてみればED治療薬による影響はないのか?って思ってしまうかもしれませんが、結論から言うと影響はありません。

詳しく説明をするとED治療薬というのは血管を拡張させて血流を良くする働きと勃起を抑制させるPDE5と呼ばれる成分を阻害して勃起を長持ちさせる効果があります。

簡単に言うとスムーズに勃起をさせて長持ちさせるのがED治療薬です。

そもそもED治療薬には子宮に影響を与えたりするような成分だったり、精子に悪影響をきたすようなものは配合されていません。

ですのでED治療薬が原因で染色体異常になったり、精子の運動が低下するようなものや妊娠しづらくなるようなことは無いので安心して利用してください。

それでも不安だという人は不妊治療専門の先生に相談をするようにしましょう。

不妊治療専門の先生からED治療薬を念のために1錠渡されるケースもあります。

妊活をスタートをした途端に勃起不全になってしまう人も多いからです。

とはいえさすがに胎児に影響を与えたり、子宮に影響を与えるようなものが薬が勃起不全治療薬として認可されることは考えづらいでしょう。

ですので安心して利用してください。