ED治療薬とロキソニン

頭痛で性行為が楽しめない

同時に服用しても大丈夫

ED治療薬は多くの人が利用していますし、多くの人が効果を実感している医薬品です。

ただ利用している人の中には副作用が辛いという人もいます。

副作用について詳しく知りたいという方は「ED治療薬の副作用」をご覧下さい。

副作用は人によって様々な違いがありますが、その中で多くの人が副作用として現れる頭痛について悩んでいる人もいます。

ED治療薬を服用したらアルコールを飲んだ次の日のような2日酔いのような副作用が出てきます。

ED治療薬を服用したらお酒を飲んだような症状が出るのでお酒を飲んだ次の日は2日酔いをしやすいという人はED治療薬を服用したら頭痛がすると思います。

この頭痛が嫌でどんどんED治療薬を服用することに抵抗を覚えるという人もいます。

性行為中も頭痛がするし、酷い人の場合は性行為が終わった後も頭痛がしばらく続くという人もいます。

ED治療薬で性行為が楽しめなくなってしまうという新たな悩みも出てきます。

そんな人はロキソニンと併用することで頭痛を解消することが出来ます。

ロキソニンは服用してから大体15分ほどから効果を発揮します。

そのためED治療薬でも即効性に特徴のあるレビトラやステンドラと一緒に服用しても間に合います。

ED治療薬の中には絶対に併用してはいけない薬もありますがロキソニンに関しては一緒に併用しても問題ないのです。

併用禁忌薬に関しては「ED治療薬の併用禁忌薬」をご覧下さい。

ただ、ED治療薬を服用する際は基本的に空腹状態で服用しないと効果を発揮しないのですが、ロキソニンを空腹状態で服用した場合は胃が荒れてしまうことがあります。

普段から胃が荒れやすいという人は胃薬を併用して飲んでも大丈夫です。

ED治療薬を服用するときにロキソニン+胃薬を一緒に併用すれば何の憂いも無く性行為に望むことが出来ることでしょう。

とはいえ胃薬まで絶対に用意をする必要はないので念には念のため程度に思っておいていいでしょう。

基本的にはロキソニンだけ用意をしておけば問題ないと思います。

ロキソニンもジェネリック医薬品が販売されていますし、正規品でもそこまで高くはないので金銭的にも負担を軽減することが出来ると思います。

是非ともED治療薬を使うと頭が痛くなってしまうという人はロキソニンと併用してみてください。