ICI療法

PDE5阻害薬以外の方法もある

98%の人に効果がある

ED治療薬は非常に多くの人が利用しており、また多くの人が効果を実感している非常に素晴らしい医薬品です。

勃起不全となった人にむけての治療薬としてまずバイアグラやレビトラなどの経口薬が第一選択の医薬品となり、多くの人がイメージすることと思います。

しかし、人によっては心臓に病気を抱えている持病を持っていてED治療薬そのものが使えないという人もいますし、中には効果が無かったという人もいるわけです。

バイアグラなどは検証データでは被験者のおよそ8割の方が効果を発揮するということで多くの人が実感している反面残りの2割の方は効果は実感できなかったと言う意見も出ています。

バイアグラなどのED治療薬を服用すること自体が禁止されている人だったり、効果が無い人はもう諦めるしかないのか?って絶望に感じているかもしれませんが、他の方法があるのです。

それが勃起不全の最後との砦とも呼ばれているICI療法です。

日本でも徐々に施術をしてくれるクリニックが増えてきていますが、まだまだ認知はほとんどされていない治療法と言えます。

しかし、このICI療法は被験者のおよそ98%の人に効果が発揮されたという非常に多くの人が効果を実感できましたし、特に食事制限などがあるわけでもなく副作用もED治療薬と比べるとかなり少ないと言われています。

そんな素晴らしい治療法があるのにも関わらず、なぜ広まっていないの?って思われるかもしれませんが、まず値段の問題があります。

ICI療法の場合は一回の施術に大体10,000円ほどかかります。

ED治療薬を病院で処方してもらうとなると大体2,000円前後なのでいかにICI療法が高いのかが分かりますよね。

またICI療法では直接陰茎海綿体に専用の薬剤を注射する必要があります。

直接注射をするなんて絶対に痛いじゃんって思うかもしれませんが、針の太さ自体は髪の毛ほどの太さしかないので痛みとしてはチクッとした痛みしかないですし、量も0.1ccと少ないので一瞬で終わります。

とはいえ直接注射をするということに抵抗がある人も多いようです。

また、一番最初は効果があるのかどうかや説明を兼ねて先生に注射をしてもらいますが、効果が認められた場合は次回以降はご自身で注射をする必要があるのです。

というのもICI療法は性的欲求があろうとなかろうと関係なく注射をしたらおよそ10分~20分ほどの間で半強制的に勃起へと至ります。

そのため病院で注射をしてもらうというのは現実的に難しいのでご自身で注射をするために携帯をしなくてはいけなくなります。

そういった機器を所持するというのにも抵抗があるようです。

最後にもう1つ、半強制的に勃起へといたるため、感度が非常に鈍くなるとも言われています。

早漏対策にICI療法が使われるケースもあるので、やはり1回あたりの値段はもちろんの事使いづらい部分もあるということがまだ普及していない理由なのではないでしょうか?

基本的にはバイアグラなどの経口薬がED治療薬における第一選択であることは変わりありません。今後も新しいED治療薬が誕生するかもしれません。

しかし、ED治療薬が効かない使えないという人にもICI療法などのそれ以外の選択肢があるんだよということも知っておいて欲しいのです。

使う使わないは別として把握しておくということはとても重用です。