ジェネリック医薬品

先発医薬品と同等の成分

厳しい審査基準がある

ED治療薬というのは1錠あたりの値段がとても高いですよね。1錠当たり2,000円前後しています。

なかなか金銭的に余裕が無いと何錠も連続して購入するというのは難しいでしょう。ただ、バイアグラにもジェネリック医薬品がありますよね。

ジェネリック医薬品であれば本来のバイアグラよりも安く購入できるとあってジェネリック医薬品の仕組みを理解している人からしてみれば非常にありがたいと思います。

しかし、あまりしっかりとジェネリック医薬品について詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか?

ジェネリック医薬品という名前を知っているだけでそこまで詳しくは知らないという人も多いはずです。

なんとなく病院で処方されているから服用している、薬局で勧められているから!安いから!など色々な理由で購入していると思いますが、しっかりとした認識をしている人は少ないです。

中にはジェネリック医薬品は効果が無い!と言い張る人もいれば、消費期限が切れた医薬品のことをジェネリック医薬品という人までいます。

ハッキリ言って消費期限が切れた医薬品を国が許可するわけがないのですが、間違った認識をしている人も多いのも事実です。

ジェネリック医薬品について正しく理解をすることでより安心して利用することが出来ると思いますのでここで紹介していきます。

ジェネリック医薬品というのは後発医薬品という意味で全世界共通の言葉で例えば海外でジェネリック医薬品が良いといえば通じます。

先に発売された新薬を先発医薬品とも言い、その後に発売されたことから後発医薬品=ジェネリック医薬品と呼ばれているのです。

ジェネリック医薬品は消費期限が切れた医薬品ではなくて“特許期間が切れた医薬品”なのです。ここが間違って広まってしまったのかもしれません。

というのも新薬を開発をした製薬会社は大体向こう20年間に渡って独占的に発売する事が出来るのです。

新薬を開発するというのは膨大な費用と期間がかかります。

全く新しい薬ともなると開発に10年以上かかることも珍しくなく、予算に関しても100億円ほどかかることも珍しくないのです。

また予定通りいかずに計画が頓挫してしまうこともあります。

実際にバイアグラなどは最初狭心症の薬として開発が進めていましたが、開発がうまくいかず中止が決定されたのですが、被験者から話を聞くと勃起不全に効果があると分かり、勃起不全治療薬へとシフトしていったのです。

決して全ての薬が計画通りに進むというわけではないのです。

新しい薬を作るとなると非常に大きなリスクがあるからこそ独占的に販売できるというメリットがあるのです。

そして20年ほど経ったら特許期間が切れるので他の製薬会社も名前を変えて販売することが出来るのがジェネリック医薬品なんです。

ジェネリック医薬品を出すメリットとしてやはり知名度がある医薬品だからこそ他の製薬会社も出したいと考えますし、何よりも値段を先発医薬品よりも抑えて販売することが出来ます。

というのもジェネリック医薬品を作ろうと思ったら特許が全て公開されています。

つまりもうほとんど作り方が公開されているようなものです。

ですのでジェネリック医薬品の場合は開発コストは10分の1程度で済むため安く販売をする事が出来るのです。

とはいえジェネリック医薬品は製薬会社だったら自由に販売をする事が出来るのか?と言ったらそうでもありません。

当然厳しい審査基準があります。主に大きく分けて3つの基準があります。

○先発医薬品と同等の成分が入っているか?

○先発医薬品と同等の効果が得られるのか?

○医薬品を作る環境はしっかりと整えられているのか?

などが挙げられます。

日本は特に品質などにこだわっているためジェネリック医薬品でも3年ほど審査がかかると言われているほどです。

ジェネリック医薬品が効かないということはなくしっかりと厳しい審査をクリアした上で販売されているので安心して利用してください。

ジェネリック医薬品は国が推奨していますから積極的に利用して行きましょう。

とはいえED治療薬のジェネリック医薬品に関してはまだバイアグラしか販売されていません。

レビトラやシアリスやステンドラのジェネリック医薬品を購入したいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用しましょう。