ED治療薬の正しい服用方法

用法容量は必ず守る

1日1錠服用したら24時間以上空ける

ED治療薬は非常に多くの人に効果を発揮している非常に優れた医薬品です。

被験者データでもおよそ8割の人が何かしらの効果を実感したと言われているほどで、さらに多くの人が効果を発揮しているからこそ、世界中の老若男女に知ってもらえているわけです。

勃起不全といえばまずバイアグラをはじめとした経口薬の薬が第一選択に選ばれますよね。

それだけ信頼が置かれているわけです。

しかし、そんなED治療薬ですが、ただしい服用をしないと効果が発揮されないばかりか時には命の危険に関わることにもなります。

だからこそ日本ではドラッグストアなどでは販売されておらず、病院で処方してもらうしか方法が無いのです。

せっかく優れた医薬品ですから最大限効果を実感できるように正しい服用方法を学ぶようにしましょう。

まず最初に用法容量を正しく守って利用するようにしてください。

優れた医薬品ですが、ドラッグストアなどで販売されず病院で処方するしか手に入れる方法が無いのはそれだけ利用方法を間違えてしまうと危険だからです。

ED治療薬は血管を拡張させて血流を良くする働きがありますが、過剰に摂取してしまうと血管が拡張されすぎてしまって心臓に負担がかかりすぎてしまいます。

安易に薬だからといって適当に服用したり、過剰摂取したことによって救急車に運ばれてしまい命の危険にいたる事も珍しくありません。

1日1錠で服用したら24時間以上必ずあけるということを守ってください。

バイアグラ・レビトラ・シアリス・アバナなどの服用薬は空腹状態(食後2時間以上※中華料理などの脂質の多い料理は5時間以上空けた状態)に服用したほうが効果を速くより実感しやすく成ります。

特にバイアグラとレビトラに関しては食事の影響を受けやすいとされていて空腹状態で服用する必要があります。

シアリスやアバナも食事の影響を受けづらいとされていますが、それでも大体牛丼一杯程度ですし、空腹状態のほうが早く、そしてより効果を実感することができるようになります。

薬の効果を最大限に感じたいと思ったら空腹状態での服用を目指し、どうしてもお腹が減ったという場合は脂質が少なくカロリーの低いものを食べるようにしましょう。

服用するさいの飲み物としては意外と幅広く、水・お湯はもちろんのことお茶やスポーツドリンクなども大丈夫でお酒と一緒に飲んでも効果を発揮します。

ただし、アルコールと一緒に服用する場合はED治療薬は血管を拡張して血流を良くする働きがあるので、血流に乗ってアルコールが全身を巡りやすくなってしまうので普段よりも酔いやすくなってしまいます。

お酒に強い人ならばまだしもお酒が弱い人は十分に気をつけてください。

お酒に酔いやすくなってしまってそのまま気持ち悪くなったり、眠くなってしまって性行為所ではなくなってしまう可能性もあります。

お酒が弱いという人はお酒と一緒に服用しないように気をつけましょう。

一緒に服用してはいけないのは主に2つあります。

1つは乳製品の飲み物です。牛乳や飲むヨーグルト豆乳などが挙げられますが、乳製品と一緒に飲んでしまうと胃の中に膜をつくってしまい、薬の成分がうまく吸収されません。

そのため薬の効果が実感しづらくなってしまうので注意しましょう。

次に一緒に飲んではいけない飲み物としてグレープフルーツをはじめとした柑橘類です。

というのはグレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸が薬との相互作用があることで知られており、薬物代謝酵素を阻害してしまう作用があります。

簡単に説明をすると薬が効きすぎてしまうということです。薬がより効くならいいじゃん!って思うかもしれませんが、副作用も強く出てしまうのです。

本来ED治療薬は正しい服用をすれば多くの人に効果が現れますし、日本人の体型ならばむしろ中容量でも十分効果を発揮します。

中容量というのはED治療薬は3つの規格から販売されており、主成分の含有量によって区別されています。

レビトラでいったら【 5mg錠・10mg錠・20mg錠 】の3つの規格から販売されていますが、10mg錠が中容量になります。ED治療薬によって表記が違うので注意してください。

中容量でも十分に効果を発揮すると言われているわけで、正しい服用すれば効果は得やすいでしょう。

さらに効果を上げようとすると副作用が辛くなってしまいます。

性行為が終わった後は辛い副作用に苛まれてしまいますので正しい服用をしたほうが無理なく利用できると思います。

上手に長く向き合っていく為に必ず無理せずに正しい服用をするのが望ましいのです。