勃起不全の原因

原因を特定する

病気のサインでもある

勃起不全になったら誰もが思うのが自分はもう年齢なんだなって思いますよね。

男性だけではなくて女性だって真っ先に年齢を思い浮かべることと思います。

確かに年齢を重ねれば重ねるほど性的欲求自体が沸かなくなってしまいますし、そのまま勃起をしないことが当たり前となってしまって勃起不全になってしまうこともあります。

しかし、加齢による勃起不全は原因としては第2位なんです。

加齢だけが原因ではないのです。

勃起不全の原因のなるもっとも大きい要因が実は生活習慣病なんです。

生活習慣病というのは現代病とも呼ばれていて、糖尿病・高血圧・脂質異常症というものを指します。

生活習慣病って何だかそこまで重大な病気というイメージが沸かないかもしれませんが、糖尿病などになればいかにその後の人生が大変かどうかはわかると思います。

ただ生活習慣病がなぜ勃起不全に関係するのかというと生活習慣病にかかると血液がドロッドロになり非常に流れが悪くなります。

そうなると陰茎海綿体に血流がうまく集まらなくなり、勃起不全になってしまうのです。

糖尿病患者の実に8割が勃起不全ということを自覚しているほど密接な関係があります。

太っている人が糖尿病になりやすいですが、過度に糖分を摂らない人も糖尿病になってしまいますので日頃の食生活を見直すようにしましょう。

また他の理由として精神的にも肉体的にも疲れてしまってストレスを抱えてしまっている人も勃起不全になりやすいと言われています。

現代社会はストレス社会とも言われているほどで、朝から晩まで働いて家には寝に帰るだけの生活を続けていながらも上がらない給料や将来への不安など沢山あります。

心身ともに疲れて切ってしまって自律神経が乱れてしまって精神的にまいってしまってうつ病になってしまう人も多いです。

特に現代社会はうつ病患者がかなり多いと言われていて、うつ病患者の多くは勃起不全と言われています。

精神的にも肉体的にも疲れている人はやはり、ゆっくりと休むことを心がけてください。

また疲れすぎてしまって性欲が沸かないことが続いてしまうのも勃起不全の原因とも言われていて、仕事に追われてしまうのも仕方が無いかもしれませんが、自分なりのリラックス方法を見つけることが重要です。

他には手術などで神経を傷つけてしまったりして勃起不全になってしまうという人もいますが、若い人が陥る原因としてパートナーの女性から心無い一言を言われたことが原因でなってしまうということもあるのです。

例えば若いときというのは自分がHがうまいかどうかを非常に気にしてしまいます。

そんな時にパートナーから「Hが下手ね」みたいな傷つけられる一言を浴びせられてしまったことが原因で性行為をすること自体に苦手意識が芽生えてしまい、一種のトラウマのようになってしまう人もいます。

特に自分に自信が無い人ほど苦手意識が芽生えやすくなってしまっているので気をつけましょう。

精神的にショックを受けてしまうかもしれませんが、最初から性行為がうまい人なんていません。

自分に自信が無くても徐々にうまくなればいいですし、今はラブグッズなども色々と販売されていますのでそういった道具を使って性行為をするのも1つの手です。

勃起不全の原因は色々とありますがまずは特定をする事が大事です。特定が済んだら次は改善する手段を身につけましょう。

決して治らない病気ではないので詳しくは「薬に頼らずに治す方法」をご覧下さい。

最初はED治療薬に頼りつつ、一方で自力で治す方法を身につけましょう。