アバナ

日本では未発売


アバナ(ステンドラ)をまとめて購入する

最新のED治療薬

日本では現状バイアグラ・レビトラ・シアリスが病院で処方されていて、名前が知れ渡っていることから一般的に三大ED治療薬とも呼ばれています。

しかし、日本ではまだこの3種類しか認可されていませんが、世界はもっと先に進んでいます。

日本は残念ながら非常に薬が認可されるのに時間がかかってしまっています。

シアリスなどは日本で発売されるまでに約4年もの月日が経ちましたが、特別他と何か違うというわけでもありませんし、日本人向けに改良されたわけでもなくただ純粋に時間がかかるのです。

医薬品の世界というのはどんどん新しい医薬品が誕生しており、それはED治療薬でも同様です。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの次の第4のED治療薬と言われているのがこのアバナ(ステンドラ)なのです。

アバナというのはステンドラのジェネリック医薬品のことで、医薬品個人輸入代行サイトを利用している人はアバナという名前のほうが知っているという人も多いでしょう。

ステンドラは世界中で利用されていて是非とも知って欲しいと思います。

ステンドラはそもそも日本の田辺三菱製薬会社が主成分であるアバナフィルを開発していました。

そこからアメリカのVIVUS社に日本と一部のアジア地域を除く販売権以外のすべてを譲渡したのです。

アメリカで承認されて、アメリカのみならずヨーロッパ・アジアなど様々な国で販売されていて、隣国の韓国でも販売されています。

韓国では「ZEPEEDRA」という名前で販売されています。

ステンドラが発売されたのは2012年です。発売から6年以上経っているのにも関わらず、日本ではまだ承認されていないのが現状です。

このステンドラの特徴は他のED治療薬の良いところを組み合わせたようなED治療薬とも言われています。

シアリスのように食事の影響を受けづらく副作用が少なくて、レビトラのように即効性があり、効果作用時間はバイアグラと同じ5時間ほどです。

まさに良い所取りといったところでしょう。

レビトラは即効性があるけど空腹状態じゃないといけないからという人もアバナはある程度食事の影響は受けないですし、副作用も少ないということで非常に使いやすいと思います。

でも日本で認可されていないからなんとなく怖いなぁ~って思うかもしれませんが、日本は認可されるまでに時間がとてもかかりますし、今後ステンドラが認可されるのがいつになるのか分かりません。

特にステンドラはアジア諸国でも高い評価を受けているわけですから安心して利用することが出来ます。

日本では認可されていないステンドラですが、もうすでにステンドラのジェネリック医薬品でアバナが発売されています。

まずはお試しに少量購入して効果があると分かったらまとめて購入してもいいでしょう。わざわざ高いほうの薬を購入することはないでしょう。

ステンドラのジェネリック医薬品であるアバナを販売しているのがインドのSunriseRemedies(サンライズレメディーズ)社という会社で、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、非常にしっかりした会社で、2000年のインドの株式市場にも上場しています。

仏教によるアーユルヴェーダの原則に従って良心的な運営を志していて非常に安心できる会社でもあります。

ED治療薬だけではなくてマラリア、心臓病、皮膚科、眼科、呼吸科、筋骨格など様々な医薬品の製造・販売を行っています。

ジェネリック大国であるインドの中でも非常に信頼されています。

是非とも最新のED治療薬を試してみたいと思ったら利用してみましょう。

アバナ(ステンドラ)をまとめて購入する