照明を変える

リビングの照明を落ち着いた照明に変えてみるのはいかがでしょうか?

みんなが集まる場所だからひときわ明るくすればいい!というわけでもないのです。何よりも大事なのは居心地の良さが大事です。白の発色のいい光ではなく暖色系の目にも優しい色のほうが落ちけるのでぜひとも色を変えてみましょう。明るすぎるのは逆に目が調節するのに疲れてしまいますのでよくありません。

日当たりなどが強すぎる場所はカーテンなどで調節したり逆に暗すぎるのではあれば間接照明などを付けて明るさを出していきましょう。

リビングで一番いけないのは昼間でも暗い場所はいけません。どうしても建物の構造上で日差しが入らない問うのであれば間接照明を使ってでもいいのでちょうどいい光を取り入れましょう。

風水上明るければいい!というわけでもないですし、リビングはみんなが集まる場所ですのでそれを軸に考えましょう。また、圧迫感のある空間と言うのは落ち着きませんので背の高い家具は極力置かないようにしましょう。

床の上でだらだら出来るような場所を目指していきましょう。

リビングの照明を変えるだけで家の中の印象と言うのはだいぶ変わってきます。電池が切れた時でいいので明るい白を使っていたら茶系に一度変えてみてはいかがでしょうか?

★恋愛真剣相談★ ★占い人気NO.1サイト★ ★女性に今大注目★