カーテン

カーテンや部屋の色が全体的にモノトーンで味気ない無機質な感じの部屋になっていませんか?男の1人暮らしの家などではよくあるカラーではあります。しかし、家族がいるような家庭でモノトーンの色合いだったらさびしく感じてしまいます。

とくにカーテンは部屋の顔です。言ってしまえばリビング全体の色を決定する色と言っていいでしょう。リビングではモノトーンの配色はやめてカラフルで明るい色や優しくて自然色のもので揃えていきましょう。

カーテンの色は出来れば緑色などがリラックス効果もあります。花柄の緑色というのが基本的にいいと思いますが、黄色や茶色といった色でもいいかもしれませんが、青や赤といった一色で発色のいい濃い色はやめておきましょう。

赤と言うのは燃える色ですので落ち着かないですし、ストレスになってしまいます。逆に青一色にしてしまうと鬱になりやすいので色の濃いカーテンはやめておきましょう。

またカーテンが汚れていたり何年も使っていて色あせてしまったり日に焼けてしまったりしまうこともありますが汚くなったものをいつまでも使っているのは運気が下がってしまいます。

汚れてしまってにおいなどがついてしまったなぁ~って思ったら取り替えてみましょう。落ち着かない色だけはやめておきましょう。

★恋愛真剣相談★ ★占い人気NO.1サイト★ ★女性に今大注目★