占いの歴史

占いとはそもそも、人間は集団行動をすることで生き延びてきた動物です。しかし、人間が集団行動をすれうば勝手に動くものも少なからずいるものですのでそういった中で集団の中でも統率力を持たせるためにリーダー的、もしくは神の代弁者のようなルール的なものとして占いが始まったといわれております。

現代の占いとはまた違ったものですが、はじまりは集団行動を円滑に進めるために用いられたということですね。つまり生活の一部としてしっかりと根付いていたのです。

始まりの起源は実は定かではなくて紀元前のエジプトだったのか、中国から始まったのかが有力とはされておりますが、決まっていませんがシンクロニシティとなって一斉に始まったのかもしれません。

日本の始まりというのはかの有名な邪馬台国の女王の卑弥呼が占いをして人々を引っ張って政治をしていたのではないかとされております。また昔みたいに生活水準が低かった時はとりわけ国をどうしていくのか?となったときの方法として占いを用いていたためとりわけ国の行く方向を定めていくかじ取りのような役割をしていたとされております。

それは他の国でも同じように重要な役割どころとされており、時には王さま以上の権限や相談役となっておりました。そのため莫大な財を築いたともされております。

しかし、その半面ひとたび占いが間違った場合は処刑されることも多かったようで、ハイリスクハイリターンな仕事?と言ってもいいのかもしれません。

★恋愛真剣相談★ ★占い人気NO.1サイト★ ★女性に今大注目★