日当たり

日当たりはいいに越したことはないと思うかもしれませんが、それには注意が必要です。日当たりがいいのは新鮮な朝日を取り入れると言う意味で素晴らしいことではありますが、取り込みすぎると言うのも実はあまりよくないのです!意外でしたか?

日当たりを気にするあまり起きた瞬間汗だくや疲れてしまうのはいけません。遮光カーテンを付けるなどをして調整することも必要なのです。それこそ寝ているときに脳が活性化されてしまって起きても寝た気がしないと思ってしまいます。何事も適度なものがちょうどいいのです。

本来、寝室というのはゆっくり体を休める部屋なので陰の気が大切なのです。それなのにもかかわらず陽の気を充満させすぎてしまうのはあまりよくはないのです。目も飽きられないようなところはカーテンをしたり淡い色の蛍光灯に変えるなどをして落ち着いた雰囲気の部屋に変えてみましょう。

寝ると言うことは体を休めると言うことです。まぶしいところでは寝づらいですし体も休まりませんので寝るときは光を避けて日中などは十分に光を入れたり空気を循環させたりすることは大切ですが朝起きた時に日が照っているのは避けてメリハリをつけることが大切です。

さらに原色系のインテリアは避けて暖かみのある色で精神を落ち着かせることが大切です。

★恋愛真剣相談★ ★占い人気NO.1サイト★ ★女性に今大注目★